※マスクは省略してます。

娘を連れて公園に行った時のお話です。

平日の昼間なのもあって
普段は誰もいない公園なのですが
その日は数人の子供たちが遊んでいました。


F52FCF26-EDB1-44C4-8555-D66A6CB3DE27


3C75EC33-4CB1-4A48-82C1-80B95BF76E25


F8E24376-6C3F-4A41-AD44-7BEA9A5DC2E9


1E500340-7820-4479-80AE-A98A8C03DC82


5C65F410-2878-46E0-B75E-E1191EFE82AD


58A05E69-CA49-4BBF-9A2C-88E4163687AB


529A47EC-1F50-4F31-99DD-2CAA2FA1B00F


D58AA5E4-6A79-43F9-9827-012B73851DC7


CF0C40DE-2122-4E43-B26B-5CF183F27CB6


67F85214-CA18-4C87-B20F-8DC8FD88D332




ゲームでモンスター倒して
「はい死んだー」と言うのと同じ感覚で
娘に向かって死んだと連呼する子ども達。

言われてショックを受ける私。

それを傍観する親達。


子供には悪い言葉を
覚える時期というものがあるし
たぶん親御さんたちも
ある程度なら容認してるのかな?

遊びの中で出た言葉だし
気にしなければいいのですが

普段から娘を危ないものから守ったり
健康を気遣ったり神経を使ってる身としては

言われてあまり気分のいいもの
ではありませんでした。


禰豆子だから守って!と言ったら
無事事なきを得られましたが…

炭治郎役の子がいてくれて、
その子に「守る」という
概念があって助かりました。

(;´∀`)ホッ

これから娘が成長して似たように
悪い言葉を覚えだしたら
親としてどう対処したらいいんだろうな
と考えさせられた一件でした。




ちなみにこれは鬼滅ごっこでの話ですが、

「鬼滅の刃」自体は素晴らしい作品です。

次々と立ちはだかる圧倒的な敵を前に
息もつけないほどの攻防戦、

迷いや恐怖に打ち勝つための努力と勇気、
怒りの裏にある悲しみ、
それに寄り添う優しい心など…

私はアニメから見始めましたが
続きが気になって気になって漫画買って、育児や家事の合間で一気に読みました。

子供から大人にも人気があるのも頷けます。

ギャグも面白いし
技名もちゃんとあって子供たちも
真似しやすいですよね。

(真似しやすいとはいえ鬼滅の刃の主人公は
赤ちゃんに向かって攻撃したり
死んだを連呼することはないです)

現在映画も公開中ですし
最終巻も最近販売されましたね!

個人的にはアニメ2期もやってほしいなと
願っております…(*´∀`*)




LINEで更新通知が受け取れるよ!▼
A86A682B-8D3A-456F-A298-8B92B5DE3ED3


他のももちゃんカテゴリはこちら▼
426E8A31-F12E-43D9-8DE3-AF6837BC7D98




ブログ村に参加中▼
ポチっていただけると喜びます!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村